ほっこりホラー日和

怖がり人間の日記。本や漫画のネタバレ感想が多めかもしれない。

今際の国のアリス げぇむ感想④(すぺえどのろく、だいやのよん)

話の展開は大きく動くけど、げぇむはあまり描かれていない巻。
だけど気にせずげぇむ感想書くぞー。

 

 

続きから今際の国のアリス4巻のネタバレがあります。

 

続きを読む

三家本礼新作!!!アイアン・ゴーストの少女

三家本礼先生の新連載が始まると聞いて買ってきました!コミックビーム
ゾンビ屋れい子初め全ての単行本買ってるくらい大ファンなのです。

f:id:hkrrr13-dust:20170712235937j:plain

以下、ネタバレとまではいかないけど内容に触れているので注意。

 

 

続きを読む

今際の国のアリス げぇむ感想③(はあとのに、はあとのなな)

怒涛の展開の3巻に乗っている「はあとのに」「はあとのなな」のげぇむ感想です。

ネタバレがっつりしているので注意!

 

 

続きを読む

今際の国のアリス げぇむ感想②(すぺえどのご)

「おに」、表紙になれてよかったね。

今際の国のアリス2巻の「すぺえどのご」の内容を思いっきりネタバレしています。

 

続きを読む

電子書籍のトラップ

最近はもっぱら電子書籍で漫画や小説を読んでいます。
前は漫画は電子書籍、小説は文庫本というスタイルにしていたんだけど、やっぱり管理が楽だよね!場所いらないし!ということで一括電子書籍で読んでます。

…しかしここで問題が。

著作権の問題からでしょうか。
電子書籍って「解説」がついてないものがあるんですね。本の最後に著者とは別の方が書いているやつ。

ホラー小説って解説が結構面白いというか、しっくりくる説明があったり作品アイデアの元が書かれていたりと私は結構楽しみにしている部分なんですね。
本編がもちろん重要なんだけどやっぱり最後は解説読んで締めたいという。

曽根圭介の「鼻」とかね、読み終わって色々感想を読んでみると皆さん「表題作については解説で丁寧に説明されている」と書かれているじゃないですか。
なにそれ!私も読みたいよ!
(正直自分の理解で合ってるか不安だから)
(読解力不足)
しかし手元のKindleには解説は見当たらないのであった。

というわけで、小説に関しては紙書籍の方がいいのかなぁ…と迷ってます。
あと作家さんのポリシーなのか電子書籍そもそもない作品も多いし。

本の管理、皆さんどうやってるのか…。

今際の国のアリス げぇむ感想①(くらぶのさん)


面白すぎてキンドルで一気に買ってしまった作品。
読み始めたら止められんかった。

げぇむ別に感想を書いていきたいと思います!
1巻の内容のネタバレをがっつりしているので注意。

 

続きを読む

唾液恐怖症

私は唾液が苦手だ。

というより、直箸がとても苦手だ。
飲み物もなるべく人が飲んだコップやペットボトルから飲みたくないし、飲ませたくない。

今放映されているクックドゥのCMなんてゾッとする。(ホイコーローは美味しそうなんだけど…)

https://youtu.be/MHcRAf6ea8g

直箸ー!!!


だから友達から一口食べな?と食べ物を差し出されても断ってしまう。
特にスプーンで食べるものはめっちゃ嫌。
それモロお口に入るものですやん…私の口に入ったもの返すのも申し訳ないし。

でも、食べ物をシェアしてくれる、ってことに関してはとっても嬉しい。
だからこそ申し訳ない。


なんでこんなに嫌なんだろう?と考えたときに思い当たる理由は2つある。

ひとつは、マナーというか見た目的にあまりよろしくないこと。

マナーマナー言って自分も上手くできてないどころか目に余るところも多々あるとは自覚してるんですけど、それでもやっぱり同じ食べ物を複数人で食べてるっていうのは見た目的に美しくないと思ってしまう。
動物みたいに見えちゃうんだよな…

妹のものに限り、食べ残しなら食べられるってのにも影響してるかも。(早速唾液恐怖症ではなくなっている)


もうひとつは、単純に汚いと思ってしまうこと。

これはもう、生理的にとしか言いようがない。
唾液に貴賎は無く、赤ん坊でも美少女でも熟女でも少年でもイケメンでもおっさんでも、平等に嫌なものはイヤなのです。
ちなみに私は特に潔癖というわけではないです。
水口とか生ごみ捨ての掃除素手でしてるし。(汚)


飲み会の時にさり気なく、かつ爽やかに直箸を避けるようなスキルを身に着けたいものです。